車体編


01.定規を引きます。

 日本国における架空電車線方式の架線高さはミニ地下鉄等の例外を除き、だいたいが5100mm (102px)です。

02.車体を作ります。

 高さや位置は後でいくらでも調整ができますから、何も考えずに幅を390px(19500mm)にして車体を描いてください。

 また、車体の色はお好みの色でどうぞ。

03.塗りつぶします。

04.車体の前後位置を合わせます。車体から連結面までの距離は多くが250mm(5px)ですので、それに合わせて移動させます。

05.屋根の高さを決めます。今回は3650mm(73px)としました。そのため、線路(黒線)の1px上から73px(3650mm)を取り、そこから上の部分は切り落としましょう。

06.飛び出した部分を切り落とします。

 もし高さを足りずに描いた場合は伸ばして線路面から73pxの高さにしてください。

07.車輪や床下機器のスペースを空けるために、線路面から19pxまでを切り落とします。

08.切り落としました。

09.このままですと車体がぼやけてしまいますから、輪郭を描きます。色は黒ではなく少し濃いめの色が良いと思います。

 また、車体の外部に輪郭を描くと大きさが変わってしまいますので、車体内部の端に輪郭を描くようにしてください。