夢現車輌工業


 夢現車輌工業は、水炭が描いた50mm/px規格の架空鉄道車両を公開するにあたり、現実の車両製造メーカにあやかって名付けたものです。

 夢現車輌工業の夢現は「むげん」と読みますが、これは夢現(ゆめうつつ)から取ったものです。

 

 素材ページ内ですから、このページ内にある画像も自由に使用して頂いて構いませんが、一つだけお守り頂きたいことがありまして、「自作発言はしない」、これだけお守り頂ければ色を変更するなどのささやかな改造から大規模な改造までお好きにして頂ければと思います。

 また、リクエスト等には一切応じませんから、もし、このページ内に好みの車両等がありませんでしたら、ご自身で描かれるのがよろしいかと思います。

 

 なお、規格は50mm/pxでございます。他の規格では一切描きません。

特急型車両


★空港特急車両

連結面間長 20000mm          
車体長 19500mm          
車体幅 2850mm          
車体高 4050mm          
台車間距離 14000mm          
定員

左から1両目:40人

2両目:42人

3両目:40人

4両目:40人

計:162人

 

 空港特急を想定して描いた車両です。JR東日本253系・E259系電車とJR西日本281系電車を参考としました。

 空港特急ですから、利用客は大きな荷物を所持していると想定し、側引戸は1000mm、客室内に荷物棚のスペースを確保しています。2両目には車いすスペースを設けています。3両目にはトイレを想定したスペースを設けています。

 座席間隔は1000mmとしています。

 台車間距離は14000mmとしましたが、13800mmにしましても良いかもしれません。そのときは台車を2pxずつ内側に寄せてください。

 車体幅は2850mmとしました。

 色は空を想定しましてみ空色(R:57 G:103 B:198)で彩色しています。

 

※いろいろと粗を見つけてしまいましたため、そのうち大幅な修正を致します。

★連接特急車両

連結面間長 15000mm(先頭車) 12000mm(中間車)        
車体長 14500mm(先頭車)  11500mm(中間車)        
車体幅 2850mm          
車体高 4000mm          
台車間距離 12000mm(共通)          
定員

左から1両目:40人

2両目:22人

3両目:40人

4両目:40人

計:142人

 

 主に18m級ボギー車を用いている架空鉄道が連接車両を導入したならば、という想定の元で描きました。

 18m車両を3両つなぎますと54mですから、この連接車両も54mとすることにより、既存車両と併結しましても列車長による差異を無くしています。

 可能な限り座席数を増加させるために3両目の側引戸は無くしました。

 パンタグラフは2両目と3両目の車両端に設置することにより、極力偏倚が小さくなるように努めています。

 描画作業と脳負荷の軽減のため、上記空港特急車両と同じく座席間隔は1000mm、側引戸も1000mmとしています。

 座席の色は鉄紺(R:26 G:27 B:81)を採用しました。これはTwitterのアンケート機能を用いて、特急車両の座席の好みの色を尋ねたところ、青系が最も得票数を得たことによるものです。経緯がこうですから塗り替え等は遠慮なく…… と申し上げたいところですが、座席部分に関しては手作業によるアンチエイリアス処理を施していますからお気を付けください。

★汎用特急車両

先頭車両は現在描画しております。そのうち掲載されるかもしれません。

M+Mp

T

Ts

連結面間長 20000mm        
車体長 19500mm 19xxxmm(Tc)  2xxxxmm(Tsc)    
車体幅 未定        
車体高 4000mm        
台車間距離 14000mm        
定員

58人(M)

68人(Mp)

60人(T、Tc2)

42人(Ts、Tsc)

xx人(Tc1)

近郊型車両